名古屋市


一口に映画館といっても、いろいろな種類があります。シネマコンプレックス(シネコン)と呼ばれる、複数スクリーンを持つ大型映画館もありますし、ミニシアターのように大手映画会社には属していない、独立的な映画館もあります。2〜3本を平行して上映している小中クラスの映画館もあります。そうした映画館の種類によっても、映画館アルバイトの仕事内容は違います。

大きな映画館では、スタッフは業務別に分けられますが、小さな映画館では数名のアルバイトで基本業務を兼務する場合がほとんどです。個々の業務の具体的な内容としては、まず窓口業務では、アルバイトは入場チケットの販売や入場時のチケットチェック、指定席制の場合は席の決定、また電話などでの上映作品や上映時間、アクセスなどの問い合わせ等を担当します。メンバー制にあるところでは入会業務などが生じる場合もあります。

物販・飲食担当は、パンフレットやポスター・各種関連グッズ、また飲み物やお菓子類などの販売、商品の在庫管理や店頭補充・陳列、また飲食関係の後片づけなども担当します。シネマコンプレックスでは独立したショップコーナーがありますが、小さな映画館では入り口周辺などに販売コーナーがあります。後者では、上映中は暇なので、清掃なども担当するケースが多いです。

チケット切りや、映画の上映前・上映終了後のお客の誘導などは、フロア係が行います。指定座席への案内をしたり、マナー違反のお客様に注意をすることなども含まれます。災害時の避難誘導なども習得しておく必要があります。どんな仕事があるかは、あらかじめ採用条件などで確認しておくと、面接時にも希望が出しやすいです。

ページ上部へ